PayPalにクレジットカードも銀行口座も登録しない使い方

PayPalはネット通販サイトでの支払い方法として、とっても簡単で便利!

でも、支払うためにはクレジットカードや銀行口座の登録、本人確認が必要・・・

かと思いきや、PayPalって本人確認も必要ないし、クレジットカードや銀行口座を登録しなくても使うことができるんです。

今回は「PayPalにクレジットカードも銀行口座も登録しない使い方」を紹介していくので参考にしてみてください。

PayPalとは?

PayPalとは、世界で2億5000万人が利用するオンライン決済サービスです。

名前は聞いたことあるけど、使ったことはないよ!という人が多いかもしれません。

今の世の中、キャッシュレス化が進んでいて、PayPayやLinePayなど様々な決済方法がありますよね。

PayPalは、インターネットを利用したオンライン上の決済に特化した支払い方法なんです。

PayPalは楽天市場やYahoo!ショッピングなどの、ネット通販の支払いに利用できます。

ショッピングの決済だけではなく、DMMやhulu、GREEなどのサービス利用決済にも利用することができますよ。

PayPalの簡単決済

PayPalは、支払いたい相手のメールアドレスが分かれば簡単に振り込むことができます。簡単ですよね。

逆にお金を受け取りたい時も、自分のメールアドレスを伝えればOKなんです。

お金の送受金に、クレジットカード情報を入力しないで済むのはセキュリティ上安心ですよね。

ネットショッピングでの決済の場合、PayPalへログインするだけで簡単に決済することが可能です。

PayPalへ会員登録(アカウント開設)する方法

PayPalを使うために会員登録(アカウント開設)をしましょう。

PayPalは登録料や維持費が無料です。

また、商品やサービスに対する「商用支払い」において手数料が無料です。

簡単に言えば、無料で登録も支払いもできます。

PayPalアカウント開設方法

PayPalのトップページから「新規登録(無料)はこちら」をタップします。

PayPalパーソナル(個人)アカウント開設

パーソナル(個人)アカウントの「新規登録に進む」をタップします。

PayPal会員登録 名前やメールアドレス入力
  • 姓名
  • メールアドレス
  • パスワード

を入力し、「次へ」をタップします。

PayPal会員登録 住所や電話番号入力
  • 郵便番号
  • 都道府県
  • 市町村
  • 番地
  • 建物名・階・部屋番号
  • 生年月日
  • 電話番号

を入力します。

本人確認の必要がないため、偽名や偽の住所などでも登録することは可能ですが、「PayPalに登録した情報」と「ショッピング・サービス決済情報」が異なると購入できないなどのトラブルになる危険性があります。正しい情報を登録することをオススメします。
PayPal同意してアカウントを開設するをタップ

入力したらユーザー規約とプライバシーステートメントにチェックを入れ「同意してアカウントを開設」をタップします。

ワンタッチは、同じサイトで2回目以降の支払いをする時、PayPalへのログインをスキップして決済する仕組みです。より簡単に決済することが可能になるので、利用したい場合にはチェックを入れておきましょう。
PayPal SMS認証

アカウントを安全な状態に保つために「SMS認証」を行います。

SMS認証しなくててもPayPalを利用できるので「今は実行しない」をタップします。

SMS認証なしでもチャージや支払いは可能です。ただし、セキュリティ面からSMS認証をすることをオススメします。
PayPalアカウント開設完了

これでPayPalのアカウント開設完了です。

「今すぐ利用する」をタップするとクレジットカードや銀行口座の入力を要求されますが、無視していても構いません。

PayPalでクレジットカードや銀行口座を登録しないで決済する方法

PayPalで決済するためには

  • クレジットカード
  • デビットカード
  • 銀行口座振替
  • 残高

必要です。

今回は、「クレジットカード」「デビットカード」「銀行口座振替」を登録せず「残高」を使用したPayPalの使い方をご紹介します。

PayPalで決済するためには残高にチャージすればいいのですが、クレジットカードや銀行口座、コンビニなどからチャージすることができません。

残高は「送金」や「支払いの受け取り」で増やす方法がありますが、お金を支払ってくれる人が居なければ増やすこともできません。

では、どうやって残高にチャージするのか?というと、ポイントサイトからポイント交換をして残高をチャージします。

やり方は簡単です。ポイントサイトで貯めたポイントをPayPalに交換するだけ!

今回は人気ポイントサイトの1つ「ポイントタウン」から、1,400円チャージしてみたので参考にしてみてください。

ポイントタウンからPayPalへポイント交換完了

残高を増やしたら、後はネット通販やサービスの決済に「PayPal」を利用すればOKです。

支払い方法で「PayPal」を指定して決済していきましょう。

以下は「Qoo10」での決済方法選択画面です。

Qoo10支払い方法一覧

決済方法で「PayPal」を選択します。

Qoo10 PayPalでの支払い方法

決済方法が「PayPal」になっていることを確認して「注文する」をタップします。

商品価格がPayPalの残高以内であることを確認してください。
PayPalの支払い方法 ログインする

PayPalで支払うためにパスワードを入力してログインします。

Qoo10 PayPalで支払い

「同意してい続行」をタップすれば支払い完了です。

  • 決済方法でPayPalを選択
  • PayPalにログインする

これだけで支払いが完了するので、簡単でオススメです。

PayPalのセキュリティを強化しておこう

PayPalは「メールアドレス」と「パスワード」が分かれば、簡単に支払い手続きができてしまいます

なので、不正アクセスされてしまうと、簡単にお金を盗まれる被害に遭ってしまいます。

PayPalでは

  • 買い手保護制度
  • 独自の不正防止モデル
  • 業界最高水準のシステム

など、安全性について高度なセキュリティシステムを有しています。

自分自身でも「パスワードの強化」や「フィッシング詐欺の予防」など、セキュリティの意識を高く持ちましょう。

今回、「クレジットカードも銀行口座も登録しない使い方」として紹介しました。

不正アクセスされたとしても、クレジットカードや銀行口座から不正利用される危険性はありません。

ただし、PayPalは残高不足でも支払いが可能になる場合があります。

その時は「マイナス残高」になり、後日支払わなければいけません。

どの程度の金額までマイナス残高になるかは不明ですが、不正アクセスはされないよう十分注意してください。

ポイントサイトとは?

PayPalの残高にチャージする方法として「ポイントサイト」のポイント交換をご紹介しました。

ポイントサイトは

  • 無料・有料会員登録
  • 資料請求
  • ネットショッピング
  • アンケート回答
  • ゲーム
  • アプリダウンロード
  • モニター

など、さまざまな行動でポイントが貯まる節約サイトです。

例えば、楽天市場からお買い物する時、ポイントサイトを経由してお買い物することでポイントを貯めることができます。

楽天ポイントとは別で貯めることのできるポイントなので、ポイントの2重取りが可能となります。

楽天市場以外にも

  • Yahoo!ショッピング
  • PayPayモール
  • Qoo10
  • ヤフオク
  • じゃらん
  • U-NEXT

など、人気サービスの利用でポイントをお得に貯めることができます

貯めたポイントは現金や電子マネー、ギフト券に交換することが可能です。

今回紹介したポイントサイト「ポイントタウン」20年以上の運営実績240万人以上が利用する人気ポイントサイトです。

是非登録して、PayPalへポイント交換してみてください。

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

PayPalにクレジットカードも銀行口座も登録しない使い方のまとめ

PayPalは、世界で2億5000万人が利用するオンライン決済サービスです。

相手のメールアドレスがわかれば簡単に決済や送金することが可能なのでオススメです。

本来であればクレジットカードや銀行口座の登録が必要ですが、登録することなくPayPalを利用することも可能です。

その場合は、ポイントタウンからPayPal残高をチャージして決済に利用することをオススメしますよ。

20年以上の運営実績と240万人以上が利用する安全なサイトです。

是非ポイントタウンでポイントを貯めて、PayPalへと残高チャージしてみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました