PayPalにクレジットカードも銀行口座も登録しない使い方

PayPalにクレジットカードも銀行口座も登録しない使い方

PayPalって、ネット通販サイトでの支払い方法として、とっても簡単で便利!

でも、支払うためにはクレジットカードや銀行口座の登録が必要・・・

かと思いきや、PayPalってクレジットカードや銀行口座を登録しなくても使うことができるんです。

今回は「PayPalにクレジットカードも銀行口座も登録しない使い方」を紹介していくので参考にしてみてください。

PayPalとは?

PayPalとは、世界で2億5000万人が利用するオンライン決済サービスです。

名前は聞いたことあるけど、使ったことはないよ!という人が多いかもしれません。

今の世の中キャッシュレス化が進んでいて、PayPayやLinePayなど様々な決済方法がありますよね。

PayPalは、インターネットを利用したオンライン上の決済に特化した支払い方法なんです。

Left Caption
コンビニやスーパーなど、実店舗で利用することはできません。

楽天市場やYahoo!ショッピングなどの、ネット通販の支払いに利用できます。また、DMMやhulu、GREEなどの決済にも利用することができますよ。

PayPalで決済するためにはクレジットカード、または銀行口座の登録が必要になります。

決済手続きした時に、そこから引き落とされるイメージですね。

実は、登録しなくても利用することができるのですが、それは後述します。

PayPalのメリット

PayPalは支払いたい相手のメールアドレスが分かれば簡単に振り込むことができます。

簡単ですよね。

逆にお金を受け取りたい時も、自分のメールアドレスを伝えればOKなんです。

メールアドレスだけでお金のやり取りができるということは、ネット通販の決済時にクレジットカード情報の入力や銀行振り込みの手続きを行う必要がないということです。

Left Caption
決済のたびにクレジットカード情報や銀行口座情報を入力する必要がないので安全な取引が可能ですね。

ネット通販の決済の場合は、プログラムが自動で振込先と振込金額を設定してくれるので、PayPalへログインするだけで簡単に決済することが可能です。

実際に、通販サイトQoo10でPayPalを使って決済してみた記事があるので参考にしてみてください。

PayPalへ会員登録(アカウント開設)する方法

PayPalを使うために会員登録(アカウント開設)をしましょう。PayPalは登録料や維持費は無料です。

また、商品購入やサービス利用での決済や、友達や家族への個人間の支払いでの手数料も無料です。

Left Caption
手数料についてはヘルプ「PayPalアカウントの手数料とは何ですか」をご確認ください。
PayPalに会員登録する
PayPalアカウント開設方法

PayPalのトップページから「新規登録(無料)はこちら」をタップします。

PayPalパーソナル(個人)アカウント開設

パーソナル(個人)アカウントの「新規登録に進む」をタップします。

PayPal会員登録 名前やメールアドレス入力

「姓」「名」「メールアドレス」「パスワード」を入力し、「次へ」をタップします。

PayPal会員登録 住所や電話番号入力

次は「郵便番号」「都道府県」「市町村」「番地」「建物名・階・部屋番号」「生年月日」「電話番号」を入力します。

PayPal同意してアカウントを開設するをタップ

入力したらユーザー規約とプライバシーステートメントにチェックを入れ「同意してアカウントを開設」をタップします。

ワンタッチは、同じサイトで2回目以降の支払いをする時、PayPalへのログインをスキップして決済する仕組みです。

より簡単に決済することが可能になるので、利用したい場合にはチェックを入れておきましょう。

PayPal SMS認証

アカウントを安全な状態に保つためにSMS認証を行います。

スキップしてもPayPalを利用できるので「今は実行しない」をタップします。

もちろん、安全性が増すのでSMS認証をしておく方をオススメします。

PayPalアカウント開設完了

これでPayPalのアカウント解説完了です。

「今すぐ利用する」をタップするとクレジットカードや銀行口座の入力を要求されますが、無視していても構いません。

PayPalで決済する

PayPalはクレジットカードや銀行口座の登録、本人確認の必要なく利用することが可能です。

Left Caption
100,000円を超える取引をする場合は、本人確認が必要になります。

PayPalでクレジットカードや銀行口座なしで決済させるためには、残高にチャージする必要があります。

PayPal残高はクレジットカードなどからはチャージすることはできず、送金や支払いの受け取りで増やすしかありません。

なので、ポイントサイトを使ってPayPal残高を増やすことにしましょう。

やり方は簡単です。ポイントサイトで貯めたポイントをPayPalに交換するだけ!

今回は人気ポイントサイトの1つポイントタウンから、1,400円チャージしてみたので参考にしてみてくださいね。

ポイントタウンからPayPalへポイント交換完了

PayPal残高を増やしたら、後はネット通販やサービスの決済に利用すればOKです。

支払い方法で「PayPal」を指定して決済していきましょう。

PayPalの支払い方法 ログインする

PayPalで支払うためにパスワードを入力してログインします。

Qoo10 PayPalで支払い

「同意してい続行」をタップすれば支払い完了です。

Right Caption
えっ!?簡単すぎる!

決済方法をPayPalに指定し、ログインするだけで支払えるのでとても簡単で便利ですね。

PayPalのセキュリティを強化しておこう

PayPalはメールアドレスとパスワードが分かれば、簡単に支払い手続きができてしまいます。

なので、不正アクセスされてお金を盗まれるという被害も多発しているようです。

アカウントの不審な動きを監視など、PayPalセキュリティにより安全ではありますが、自分たちでもパスワードの強化やPayPal専用のメールアドレスを作るなどして対策をしておきましょう。

Right Caption
PayPalにはクレジットカードも銀行口座も登録していないから安全じゃないの?

今回のこの記事のテーマ「PayPalにクレジットカードも銀行口座も登録しない使い方」であれば、不正利用されて多額の被害が出る危険性はありません。

が、PayPalは残高不足でも決済出来てしまうことがあるようなんです。

私自身試してはないんですが、残高不足の状態でPayPal決済を行うとマイナス残高になってしまうようです。

このマイナス残高を解消する方法が面倒なようなので、購入前に残高の確認と、不正アクセスには十分注意してくださいね。

まとめ

PayPalは、世界で2億5000万人が利用するオンライン決済サービスです。

相手のメールアドレスがわかれば簡単に決済や送金することが可能なのでオススメです。

本来であればクレジットカードや銀行口座の登録が必要ですが、登録することなく利用することも可能です。

その場合は、ポイントサイトからPayPal残高をチャージして決済に利用することをオススメしますよ。

今回、PayPal残高にチャージに利用したのはポイントタウン

200万人以上の利用者数と18年以上の運営実績があるポイントサイトなので、是非利用してみてくださいね。

今なら、PayPalアカウントを作成し、24時間以内に「ポイントタウン」のポイント10円分以上を「PayPal」に交換すると150円分のポイントが貯まるよ!

ポイントタウンに会員登録する